フェイスリフトでたるみを取り除く

保湿ケアをしていれば何とか防げます

私が顔の老化現象に悩むようになったのは35歳頃からで、私に本格的にアンチエイジングを意識させたのは顔のたるみです。
30代に突入した直後くらいから普通肌から乾燥肌に変わってしまい、今思えばそれがエイジングが加速するきっかけになっていたような気がします。
その時にきちんとした対処をしていればもっと老化現象を遅らせることが出来ていたかもしれないと思うと、後悔してもしきれません。
加齢でホルモンバランスが乱れるようになってからは両頬の肝斑も気になるようになり、目の下の黒ずんだクマや紫外線ダメージで濃くなった老人性色素斑なども混ざり合って顔色も暗く見えます。
乾燥肌特有の小じわや笑いじわや表情じわの本数も増える一方ですし、乾燥に伴う大人ニキビの大発生も悩みの種です。
しかし、シミや乾燥による肌トラブルには対処法があります。
シミやくすみやクマはコンシーラーやトーンアップ下地やファンデーションで隠せますし、乾燥から来るシワはたっぷりと潤いをチャージして手抜きや妥協を一切しない保湿ケアをしていれば何とか防げます。

もし鼻翼基部に入れたブツを今抜いても
フェイスリフトでたるみも
引き上げてるし、メーラー吸ってるから
法令線がまた出来ないことを願う。


童顔と言われるようになったのは
鼻翼基部アパタイトが大きかった。

だから抜いて微妙だったら来年あたりにまた入れる。

先生による違い結構あるだろうな。

— 麻酔 (@technical8error) September 10, 2021

保湿ケアをしていれば何とか防げます治療時間が短くてストレス無く終わらせることが出来ました費用対効果も満足度も高い美容治療